芸術的なゴカイの棲管

d0372825_19372363.jpg

昨日の記録では「ゴカイの棲管」について書きました。
昨日の物は渥美半島の赤羽根漁港の東側の海水浴場の浜にて見つけました。

今日のトップの写真は今年の初め頃に若狭湾に面した浜辺で収拾した「芸術的な棲管」(笑)です。長さは2〜3cmです。どんな工法かはわかりませんがゴカイは砂つぶをくっつけくっつけして、棲家を作ったのでしょうね。

住んでたゴカイがいなくなったのか、海が荒れて流されてしまったのかは不明です。しかしそのおかげでわたしはこんなにすてきな自然の造形物を手に入れることが出来ました。

d0372825_19523912.jpg
ちなみに2枚目の写真のような波打ち際にてゴカイの棲管を見つけましたが、よく見つけられたものだと思います。老眼もだいぶすすんできたのにねえ。(笑)








ゴカイについては参考文献を引用します。以下ご興味のある方はどうぞ。


ゴカイは環形動物(ミミズなどの仲間)の一つのグループです。世界に8000種以上が生息する、非常に多様な生き物です。

ゴカイの仲間には、自由に動き回るタイプのものと、管を作ってその中に棲むタイプのものがいます。

管にも石灰質のもの、砂粒をくっつけたものなど、いろいろな形態のものがあります。


参考文献:『原色検索日本海岸動物図鑑I』西村三郎編著 保育社(1995年)


[PR]
Commented by sikisai04 at 2018-05-15 01:39
海釣りの餌にする時にお世話になるゴカイの仲間ですね。
こんな精巧なモザイクの構造物を造るなんて優れた能力の持ち主ですね。
釣り餌なんかにしてゴメンナサイ!m(__)m

Commented by pinochiko at 2018-05-15 06:50
ほほぅ。すごいねぇ、こんなキレイな管を作れるなんて!
私には作れないよ。すごいなぁ!
Commented by tarohanaazuki at 2018-05-15 08:58
すごいねえ!
どれくらいの時間をかけてこの芸術作品を作ったんだろう?!
見事なタイルアートだね!
見つけたayeさんも立派!(笑)

↓「せいかん」教えてくれてありがとう
言われてみれば同棲の棲だね(笑)
Commented by on_the_shore at 2018-05-15 17:27
> sikisai04さん
釣り餌にしたこと、ありますあります!ゴカイに対する認識はわたしも同じような物ですよ。
この棲管はとても美しいですよね。住み心地もいいに違いありません。
Commented by on_the_shore at 2018-05-15 17:28
> pinochikoさん
わたしにも作れないですね。キレーですよねえ。素敵な家に住みたい気持ちは人も同じですね。
Commented by on_the_shore at 2018-05-15 17:29
> tarohanaazukiさん
なるほど。時間ですか。たしかに気になりますね。案外早かったりして。
見つけたわたし?そう、立派でしょう!
by on_the_shore | 2018-05-15 00:00 | 波打ち際 | Comments(6)

ワタシノ「波打ち際」事情、イロイロ。


by aye