レモンイエロー

d0372825_06350283.jpg

近頃はすっかり日が長いから、浜辺へ行くと遅くまで時間を過ごします。といいますか、気づくと遅い時間になっています。

昼間はつぼんでいたコマツヨイグサ、夕方になると開いてきて可愛らしい顔をあちらこちらに向けてくれます。渥美半島の砂地に群生しているところがあり、レモンイエローの絨毯のようになって見事です。

↓ プラスチックゴミさえトレリス(仕立てた支柱)のようにオサレ感を演出できる可憐さ!!

d0372825_06350455.jpg


[PR]
Commented by pinochiko at 2018-05-08 13:00
夕方になると開くってなんだか神秘的だなぁ。
どういうメカニズムなんだろう?
Commented by on_the_shore at 2018-05-10 00:30
> pinochikoさん
調べてみました。以下抜粋。

生物には体内時計という仕組みがあって、だいたい24時間単位でリズムができています。この時計がどういう条件のときにセットされるかでリズムがずれたりします。ユウガオは体内時計によって夜の時間を知っているのだと思います。体内時計のリズムは温度や光の影響でずれが起こりますので、気温高低で開花の時間もずれが起きる事になるでしょう。

参考になりますね。生物時計とか、体内時計という考え方みたいですね。
by on_the_shore | 2018-05-08 06:45 | 海浜植物 | Comments(2)

ワタシノ「波打ち際」事情、イロイロ。


by aye