on the shore beached.exblog.jp

ワタシノ「波打ち際」事情、イロイロ。


by aye
プロフィールを見る
画像一覧

reef & beach

d0372825_07422106.png

岩礁があれば、こんな感じの貝あり。
タカラガイって、可愛い!

ゴロゴロと転がる小石や貝殻の中から、好きなものを探す時間は至福の時間です。

d0372825_07422263.png


[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-20 07:42 | 波打ち際 | Comments(6)

stormy seaside

d0372825_15562857.png

嵐のような日が大好きで、大変不謹慎なことなのです。だけれども、好きなものはしょうがないじゃないですか。行きました、海へ。荒れてましたし、飛砂が凄くて、レイン・ポンチョが風に吹き飛ばされそうな勢いでハタハタハタハタハタハタハタハタと、煩い音を立てていました。

d0372825_15562976.png
砂丘の上に避難すると若干は山の陰になっているせいか風も和らいでいたような感じでした。

獣の足跡。なんでしょうか。トテトテとした足跡が藪の中へ向かっていました。

台風が通り過ぎた今日は、綺麗な晴れ晴れとした青空が見えています。

みなさん、被害などうけていませんか。


[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-18 15:56 | 波打ち際 | Comments(6)

The perfect day for a picnic

d0372825_01255081.png

夏の初めに2m x 2mサイズのピクニックマットを買いました。夏は暑すぎて出番のなかったこのマットを、先日ピクニックに行った際に初めて使いました。

d0372825_01255255.png

ゴロゴロしても、痛くありません。厚手の6mmを購入したのです。
ごろーんと転がって上を見上げれば、どんぐりの木の天辺を風が渡って行きます。

気持ちいーい!

d0372825_01255437.png
↑ 右を見ると、結婚式の前撮りなのか、広告なのか、花嫁さんだけがいて撮影をしていました。

↓ 左を見ると、黒いフレンチブルくんが軽快にお散歩。
d0372825_01255653.png

わたしは読書。

d0372825_01255711.png

紅茶のカップは転がらないように、くつの中。(笑)

d0372825_01262275.png

d0372825_01262497.png

↑ 色鉛筆で、どんぐりをスケッチ。

The perfect day for a picnic

と言いたいところですが、南から雨雲がどんどん迫って来て、2時間と少しで撤収となりました。ざんねん。

また行こう!!


[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-15 12:30 | one day out | Comments(8)

pebbles

d0372825_07212563.png

波打ち際で海水に濡れて光る石は、宝石のようにキラキラしています。可愛い海藻をあしらって、パチリ。






↓ こんな岩礁のある浜へ行きました。

d0372825_07212783.png

↓ うずくまり、なにやら必死にやっている私。

d0372825_07212809.png

↓ この石は、断層がハッキリと見て取れるそうです。左と右の層がズレてますね。その層から離れたカケラが波や磯でごろごろ研磨されてこんなになったのかと思うと、気が遠くなりつつ感動します。

d0372825_07213056.png

↓ 鉱物。メノウはっけーん!

d0372825_07213149.png

珍しく石で遊んだので記録のため。(笑)


[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-13 07:19 | 波打ち際 | Comments(10)

カエルちゃん

d0372825_09151948.png

d0372825_09152155.png

台風の後に様々なものが打ち上げられていましたが、このカエルちゃんたちもそのうち。

細長いカエルちゃん、初めてみました。
切れ目ができていて、ぱかっと開いてるものは笑ってるみたいでイタズラ書きしてみました。

とある日のbeachcombingのオハナシ。(笑)


[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-12 12:00 | 波打ち際 | Comments(4)

微小貝(びしょうがい)

微小貝、びしょうがいと読みます。
8月の終わりに四日間の浜歩き旅をした中で特筆すべきはやはり「微小貝との出会い」だと思います。

丹後半島に「琴引浜」という有名な浜があります。そしてその近くに「琴引浜鳴き砂文化館」があります。

日本全国に鳴き砂のある浜は色々あるようですし、もちろん世界にもたくさんあるようです。砂が鳴くように音を立てる原理を学べる面白い文化館でした。

d0372825_06484293.png
d0372825_06512608.png


ちっとも写真を撮って来ず(笑)、写真はこの二枚だけ。(笑)
2枚目の写真は、顕微鏡を使ってこの砂の中の微小貝を探しているところを撮影しています。
1枚目の写真は小さな瓶にその見つけた微小貝を入れた物を撮影しています。

隣で微小貝を探していた親子のうち小学生の男の子は裸眼で目視で探せているようでした。(笑)
50歳以上には無理な話です。

顕微鏡でしか見られない小さな小さな貝殻。小さくても立派に大人の貝殻です。

旅のあと、うちから一番近い海の浜辺にて、砂を持ち帰り調べてもらったらなんと微小貝がありました。そのお話はまた今度。



リンクはこちらから。

[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-11 05:33 | trip to on the shore | Comments(5)

最終日 白兎海岸

2017 end of summer ' Happy beachcombing trip from tsuruga to totori'




d0372825_09362061.png
旅の4日目、最終日です。
(わたしのワンピースと足元と影の写真)
(見飽きた?)


白兎海岸(はくとかいがん)@鳥取県へ行きました。


前日は、丹後半島から鳥取まで進みました。鳥取の海岸砂丘へも初めて行きました。ここが「山陰海岸ジオパーク」の最終地点です。
(山陰海岸ジオパークに興味のある方は上にこのリンクからどうぞ)



白兎海岸は、因幡の白兎伝説のある場所だそうです。
綺麗な青い海。綺麗な青い空。
d0372825_09362162.png
小石が波打ち際にあり、小さめの貝殻があり、岩礁もあります。貝殻が寄って打ち上げられているスポットを探します。
d0372825_09362249.png

d0372825_09362487.png
こんなところを、探すと…
d0372825_09362558.png





こんなん、みつかります。
すっかり、手のひらに乗せて撮影することにハマるわたし。こんなこと、微小貝系でないとできません。(笑)

d0372825_09370211.png
ネジガイ!可愛すぎる!!
(ネジガイは下の写真の手のひらの真ん中辺りに3つある巻き貝です。縦に線が入ってるみたいに見えるものです)
d0372825_09370309.png



↓ これは、玉髄、カルセドニーというものだそうです。貝なのかと思ったら、鉱物でした。良いもの、拾いました。
d0372825_09370468.png




旅もここで終わります。お昼ご飯を食べたら、帰路につきます。楽しい休暇はこれでおしまい。

d0372825_09370593.png
海の上を飛行機が飛んで行きます。
d0372825_09370666.png



d0372825_09373861.png
浜辺にはハマゴウがひっそりと咲いて居ました。

夏はもう、終わるのです。


[PR]
# by on_the_shore | 2017-09-10 09:35 | trip to on the shore | Comments(9)